週刊ベースボールONLINE

追悼

追悼・近藤昭仁氏 球界の名参謀

 

元大洋(現DeNA)の名二塁手で、現役引退後は複数球団でコーチ、横浜、ロッテでは監督として指揮を執った近藤昭仁氏が、3月27日午前1時23分、敗血症性ショックのため80歳で死去した。
文=池田哲雄(小社社長)

1989年巨人のヘッド・コーチとして藤田元司監督を支え、日本一に。写真は3連敗の後の第4戦の勝利の後。右から完封勝利の香田、藤田監督、近藤氏


 フォルクスワーゲンの運転席に座り、両手をハンドルに掛けながら発する言葉が白熱化していった。まるで高速道路を勢い良く加速していくかのようだった。

 私がこの業界に身を置き、最初に手掛けたのは、取材記者として1982年の早稲田大学創立100年を記念して、弊社から翌83年に発刊された「早稲田大学野球部栄光の軌跡」という特別号の誌面制作だった。

 早慶6連戦で6連投、雌雄を決する戦いを制したエース・安藤元博氏から始まり、近藤昭仁氏と立て続けにインタビュー取材を行った。近藤氏は当時、西武の一軍守備走塁コーチとして、大先輩の廣岡達朗監督の下、82年には西武のリーグ初優勝とシリーズ初制覇にも貢献していた。

 83年1月、選手たちが自主トレを終えた西武球場で、約束の場所に指定された球場駐車場に現れた近藤氏は、愛車の助手席に私を招き入れると・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

HOT TOPICS

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング