週刊ベースボールONLINE

野球を愛した男 グッバイ!イチロー

【惜別企画】イチローを語る。Part3

 

引退発表後、渡米。そのままオフィシャルな場には姿を出していないが、先日は国民栄誉賞“3度目の辞退”でも話題になった。理由がまたイチローらしい。「人生の幕を下ろしたときにいただけるよう励みます」。挑戦の日々は、まだ終わっていないようだ。今回はイチロー引退後、日米球界から集めた言葉を紹介する
写真=BBM、Getty Images

マリナーズとのプレシーズンマッチの試合前。左は巨人原辰徳監督


巨人・原辰徳 「迷うことなく一直線に進んだ」


原辰徳監督・61歳[09年WBCでは監督と選手]


「誰よりも早くグラウンドに来て、誰よりも遅くグラウンドにいた。戦っている姿勢は並ではない。(イチローの28年間は)迷うことなく一直線に進んだということではないでしょうか。いろんな道があったと思いますが、その道も迷うことなく、あるいは迷ったとしても道を進んだときは自信を持って進む。そういう強さというのは、後輩ではありますけれど、まさに尊敬するところで・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング