週刊ベースボールONLINE

57人の海を渡った男たち

【平成7〜13年】野茂&イチローが旋風を巻き起こす/平成日本人メジャー奮闘史

 

1995年(平成7年)、野茂英雄がドジャースでメジャー・デビューを果たしてから24年。平成最後の年となった今季、菊池雄星がマリナーズに移籍した。これまでに57人の日本人選手がメジャー契約を交わし、MLBの歴史に名を刻む選手も出ている。“平成”で活躍をした日本人メジャーたちを振り返っていく。
写真=Getty Images

野茂英雄


野茂がナ・リーグ新人王。イチローはいきなりMVPも


 長嶋茂雄王貞治(いずれも元巨人)でさえメジャー・リーガーは夢のまた夢であった。最初にメジャーの舞台に立ったのは昭和39年、1964年の村上雅則(南海→SFジャイアンツ)だが、長い空白を経て、自らの手でその門を開けたのは野茂英雄だ。95年(平成7年)2月、ドジャースとマイナー契約。94年オフに複数年契約と代理人制度希望などで近鉄と揉め、メジャー行きを決意した野茂。念願のメジャー・リーガーとしてマウンドに上がったのは5月2日のジャイアンツ戦だった。

 6月2日のメッツ戦でメジャー初勝利を挙げると、14日のパイレーツ戦で球団新人最多記録の16奪三振。24日のジャイアンツ戦では日本人メジャー・リーガー史上初の完封勝利を飾った。さらに29日のロッキーズ戦までに球団新記録となる4試合での50奪三振を達成。「ノモマニア」と言われるほど人気を博した。この年、13勝6敗で奪三振王を獲得し、新人王にも輝いた。

 次に日本人メジャーとなったのは・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング