週刊ベースボールONLINE

グッバイ!イチロー

中西太氏がイチローへ贈る言葉 「一番、イチローの活躍を喜んでいたのは、間違いなく、仰木君だと思う」

 

イチロー引退。その姿を感慨深く見つめていた一人だ。中西太氏。1995年にオリックスのヘッドコーチに就任。当時の監督、故・仰木彬氏とは無二の親友でもあった。

キャンプでイチローに指導するオリックス時代の中西氏。打撃についはほとんど何も言わなかったとか


汗をかき、恥をかく


 イチローが引退した。もう45歳。1年近く実戦を離れていたし、そろそろかな、と思っていた。

 あの東京ドームのセレモニー、球場を1周したシーンはよかったね(3月21日)。あれだけの大観衆の大歓声に送られ、イチロー本人もそうだろうし、球場やテレビで見ていた日本のファンにとっても感動のシーンだったと思う。

 アメリカに行って、大変な努力をしたんだろうが、日本人がアメリカに行って通用するタイプのバッターであることは確かだった。大谷(大谷翔平)がエンゼルスに行って変わるかもしれんが、やはりメジャーの世界で日本人バッターがパワーで勝負することは簡単じゃない。足が速く、ヒットを打つのがうまいタイプのほうが勝負できる。ただ、彼は通用しただけじゃなく、向こうで日米通算の最多安打記録をつくり、首位打者も2度。素晴らしいことだね。

 考えてみると、近鉄の野茂(野茂英雄)、オリックスの田口(田口壮)、ヤクルトの岩村(岩村明憲)やら、ワシと接点のある子たちがメジャーに行って、何人も大成功している。

 球界では、特にオリックスからが多いというが・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング