週刊ベースボールONLINE

12球団の誤算とリカバリー策

ヤクルト 一番打者・坂口智隆の不在/12球団の誤算

 

開幕から1カ月あまりが過ぎ、時代は平成から令和に移る。この間、12球団それぞれに故障者など、思わぬ誤算があり、それをうまくリカバリーできたチーム、できないチームで明暗がくっきり分かれている。

青木[右から2人目]を中心に打線が好調。新一番・太田も奮闘中だ


ダメージ度数 低


 チームに激震が走ったのは3月31日、開幕第3戦の阪神戦(京セラドーム)だった。8回の打席で左手に死球を受けた坂口智隆が負傷交代したのだ。診断の結果は左手親指骨折で、長期離脱は避けられない状況となった。坂口と言えば頼れる一番打者であり、2015年から3年連続150安打以上のヒットメーカー。替えの利かない選手であり、得点力減は避けられない状況となった。

 だが、この苦境に台頭してきた男がいた。日本ハムからトレードされ、今季から新たに加わった22歳の内野手・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング