週刊ベースボールONLINE

12球団の誤算とリカバリー策

西武 秋山翔吾の不振/12球団の誤算

 

開幕から1カ月あまりが過ぎ、時代は平成から令和に移る。この間、12球団それぞれに故障者など、思わぬ誤算があり、それをうまくリカバリーできたチーム、できないチームで明暗がくっきり分かれている。

ようやく上昇の兆しを見せてはいるが……


ダメージ度数 中


 4月25日のロッテ戦(ZOZOマリン)。中堅の秋山翔吾レアードの飛球をグラブに当てて落球した。打撃でも4打数無安打3三振。稀代のヒットメーカーがバットに当てることすらできない。辻発彦監督は「あんなの(失策)初めて見たから。悩んでいるんじゃないかな」と心配した。

 今季からキャプテンマークを胸につけ、昨季は主に一番だった打順も三番を任されたが開幕から調子が上がらなかった。源田壮亮の欠場により二番に入った4月14日のオリックス戦(メットライフ)から3試合連続マルチ安打。「(三番のときは)クリーンアップで何とかしたいという思いが強過ぎた。変化を与えてもらった」と復調のきっかけをつかんだかに見えたが・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング