週刊ベースボールONLINE

廣岡達朗連載「やれ」と言える信念

廣岡達朗コラム「菅野炎上、原因は体つきにある」

 

3連弾を浴びるなどヤクルトの強力打線に屈した菅野


 菅野智之が炎上した。4月25日のヤクルト戦(神宮)で青木宣親山田哲人バレンティンに3連発を被弾。自己ワーストの12安打を浴び、7失点で4回途中にマウンドを降りた。

 その前の登板4月19日、阪神戦(甲子園)でも味方の援護もあって勝利投手にこそなったものの、7回にルーキーの木浪聖也に3ランを打たれてイニング途中に降板している。

 ここまで5試合(※4月25日時点)に登板して被本塁打が8。これだけホームランを打たれる原因はどこにあるのか。

 評論家は、あのボールがいけない、このボールを間違えたと言う。確かに、ヤクルト戦で打たれたボールはすべて真ん中近くに集まっていて、よくなかった。

 しかし、私から言わせれば、問題は別のところにある。

 体つき、ズバリいえば太り過ぎだ。

 菅野は投げ方も攻め方も知っている。打者へ向かっていってから投げるのも素晴らしい。昨季は2年連続最多勝など主要投手タイトルを総ナメ、沢村賞にも輝いた。結果を出せていたのは何よりコントロールが良かったからだ。そのコントロールが乱れる原因は体つきにある。

 このままでは2〜3年でパンクするのではないかとの危惧がある。実際に以前は腰と肩に故障を抱えていた。もう一度、間違いのない体を作っていってほしい。

 プロ野球に限らず、いまのスポーツ界では・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング