週刊ベースボールONLINE

歴史的記録をCHECK!

ありがとう、平成!初めまして、令和!【パ・リーグ編】

 

4月30日で平成が終わり、5月1日からは令和の新時代が始まった。今回は、節目となる平成最後、令和最初の記録を12球団別にチェックしていく。

ソフトバンク・大竹が決めた涙の令和初勝利


お立ち台での大竹耕太郎は目が真っ赤だった/写真=湯浅芳昭


 敵地での平成最後の試合(日本ハム戦)は一進一退の攻防だったが、最終回の上林誠知のダメ押し2ランが効いた。右手甲の打撲による痛みが残る中での一発は、パ・リーグ平成ラスト弾。勝利投手は2番手で2回を投げたドラ6ルーキー・泉圭輔が手にした。この勝利で、チームは首位で「令和」に突入した。新時代初日の楽天戦では先発の武田翔太が2回26球目、ウィーラーに対する危険球で令和初の退場を食らう波乱の幕開け。0対9と完封での大敗を喫したが、翌2日、大竹耕太郎がイヤな流れを断ち切った。令和初勝利は自身にとっても5戦目でようやくつかんだ今季初白星。お立ち台での大竹の涙も合わせて、印象的な1勝となった。待望の1号ホームランは・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング