週刊ベースボールONLINE

2019ペナントレース

広島・投打のかみ合わせ、小技もバッチリ。いよいよ王者が来た!! スキなし11連勝!

 

気温の上昇とともに、ペナントレースを熱くする2チームのリポートをお届けしよう。まずは破竹の11連勝で一気に首位に立った、セ・リーグのディフェンディング・チャンピオンの広島から。
写真=小山真司、佐藤真一 ※成績は5月26日時点

打線ではバティスタの好調が目立つ。5月24日の巨人戦ではレフトの看板を直撃する11号[写真]を含む2発。24〜26日の3連戦ではいずれも猛打賞


11連勝中6試合のQS


 いよいよ王者が来た。

 4月の苦しみがウソのようだ。昨年まで3年連続のセ・リーグ王者の広島は、5月11日のDeNA戦(マツダ広島)から連戦連勝、25日の巨人戦(東京ドーム)まで勝ち続けて3年ぶりの11連勝(2016年6月14日〜25日にかけて達成して以来)。22日に勝った時点で、昨年までの「定位置」だった首位に返り咲いた。26日の巨人戦(同)に敗れて連勝は止まったが、2位・巨人にこの時点で2ゲーム差をつけている。

 何と言ってもこの連勝、DeNA戦に始まり(2勝)、ヤクルトに2勝、阪神に3連勝、中日に2勝、そして巨人に2勝と、セ・リーグ全球団を総なめにしてのものだから価値がある。今季通算成績では、ヤクルトには3勝5敗と負け越しているが、もう精神的に苦手意識を持つ相手はなくなったはずだ。

 この11連勝の内容を分析してみると、やはり第1の要因は・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング