週刊ベースボールONLINE

2019最強のラインアップは?

ヤクルト 主役がそろわず自慢の破壊力減/2019序盤戦12球団打線診断

 

6月4日に交流戦へ突入。2019年シーズンはホームラン数が増加し、セ・パともにやや打高傾向にある。とはいえ打線の特徴は12球団それぞれ。ここではラインアップをチェックしながら、序盤戦の攻撃陣を診断・分析しつつ、交流戦を含む中盤戦に向けた課題に触れる。
記録は6月2日時点

まだまだ本領発揮とまではいかない山田哲人。交流戦をそのきっかけとしたい


重くのしかかる一番打者の不在


 一番打者がいない。昨季の快進撃を支えた最強オーダーが解体となり、打線は危機的状況を迎えている。

 事の発端は3月31日の阪神戦(京セラドーム)だった。今季も不動のリードオフマンとして打線をけん引するはずだった坂口智隆が、左手親指に死球を受けて骨折。開幕3戦目にして登録を抹消されたのだ。その後は荒木貴裕太田賢吾川端慎吾、が代役を務めたが、いずれも定着には至っていない。坂口は5月17日に復帰したものの、54打数5安打、0本塁打、2打点、打率.093と低迷。五番や六番にも回ったが調子が上がらず、6月9日に再調整のため登録抹消となった。

 その後は山田哲人、大引啓次宮本丈塩見泰隆山崎晃大朗が一番に座ったが・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

HOT TOPICS

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング