週刊ベースボールONLINE

2019ルーキー中間報告

明日のスターを目指して 2019ルーキー最新カタログ 日本ハム編

 

ここまで多くのルーキーを紹介してきたが、それ以外の選手の中にも、すでに一軍デビューを果たした選手もいれば、ファームで牙を研ぐ選手など現在地はさまざまだ。気になるあの選手を一軍到達度とともに紹介する。
※成績、一軍デビュー実績は6月13日時点。

生田目翼 ほろ苦一軍デビューを明日への糧に


生田目翼/投手/24歳


【定着なるか】試1勝0敗0S0H0回2防18.00

 吉田輝星よりも先にルーキー一番乗りで6月1日のオリックス戦(京セラドーム)で一軍デビュー。だが制球が定まらず2回4失点でKOされ、すぐにファームで再調整となった。それでも最速155キロのストレートに加え、カットボール、チェンジアップなどボールの質は間違いなく一級品。一軍での経験と悔しさを胸に・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング