週刊ベースボールONLINE

12球団交流戦通信簿

巨人・期間内にセの首位を奪還/12球団交流戦通信簿

 

今年の交流戦もソフトバンクが強かった。通算8度目の勝率1位。この号の締め切り6月23日現在、まだ全日程は終了していないが、ここで12球団の戦いを検証してみたい。

交流戦3登板2勝0敗、防御率1.29と安定感抜群だった山口俊[右]と丸佳浩


 やはり、原辰徳監督は交流戦に強かった。6月23日、勝利したほうが優勝というソフトバンクとの直接対決(東京ドーム)には敗れて、第2次政権と合わせて3度目のVはならなかったが、期間中は6カード中5カードで勝ち越し、貯金を4つ積み上げることに成功。交流戦開幕前は広島に4.5ゲーム差の3位と苦しい状況にあったが、リーグ3連覇中の王者を逆転、1.5ゲーム差の首位でレギュラーシーズンに戻ることとなった。

 交流戦開幕時点では菅野智之が腰痛で離脱、T.ヤングマン、新人の高橋優貴の状態が落ちていたこともあり、先発ローテーションを再編。実績の少ない若手を抜擢するなど大きな賭けに出たが・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング