週刊ベースボールONLINE

吉田正尚の頂ロード Road to Top

吉田正尚コラム「何1つ納得いく数字はないですが、記憶に残るのは“仰木さんデー”で放った決勝2ランです」

 

仰木彬元監督の誕生日である4月29日の西武戦[京セラドーム]。8回裏に放った決勝の2ラン本塁打が、記憶に残る1本です


勝利に貢献するために上げたい得点圏打率


 意外と“しんどい”と言っていたオールスターでのホームランダービーで、今年は準優勝することができました。準決勝で負けてしまった昨年を超えることができてよかったです。選んでいただいたファンの皆さん、あらためて、ありがとうございました。おかげで真剣勝負のシーズンの中で“心の休息”を満喫することができました。

 さて、球宴も終わり、リフレッシュして勝負の後半戦に挑みます。残り約60試合で順位が決まる。ここからが、より大事になってきますが、その前に、今回は“前半戦”を振り返っていきたいと思います。

 日本代表でのメキシコとの強化試合(3月10日=京セラドーム)では本塁打も放ち、オープン戦でも結果が出て、いい形で開幕を迎えられました。シーズンを見据え、昨秋のキャンプ、オフ、そして今春キャンプを過ごしてきたので、万全を期しての開幕。が、なかなかヒットが出ず、開幕直後は苦しい日々に……。シーズン初安打が出たのは15打席目の開幕3戦目(3月31日、対日本ハム=札幌ドーム)。自分の結果が悪いだけならまだしも、チームも1分2敗と勝てず、シーズン初勝利は開幕から7試合目。“打てない”“勝てない”の日々が続いて、しんどいスタートになってしまいました。

 打撃に限れば、結果が出ない予兆のようなものが・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング