週刊ベースボールONLINE

あくなき挑戦、夢追い人

NPBで花を咲かせ!独立リーグの注目株 四国IL編

 

昨年のドラフト会議では明暗が分かれた。四国アイランドリーグplusは育成枠1人のみ、BCリーグは育成枠4人を含む6選手が指名を受けた。厳しさは承知の上、それでも夢をあきらめない独立リーガーの中から、この秋のドラフトに向けた注目選手を紹介していこう。
※成績は9月10日現在 取材・文・写真=高田博史

上間永遠[徳島]


防御率1点台でトップ。伸び盛りの18歳右腕


 育成選手としてNPBのユニフォームに袖を通せば、それで良いわけではない。一軍で結果を残せる選手を育てなければ──。四国リーグのフロント、各球団の監督、コーチは、そんな思いを共有しながら選手たちを鍛え続けている。

 2015年の育成ドラフト1巡目で巨人入りした増田大輝(元徳島)が、4年目に大輪の花を咲かせた。「一軍に定着した」と言ってもいい彼の今季の大活躍が、四国リーグのファン、関係者に大きな喜びを与えている。四国から確実に道はつながっている。増田の背中を追い掛け、NPBの扉をこじ開ける次のアイランドリーガーの出現に期待を込めたい。

 今年、四国リーグからドラフト候補の一番手として名前が挙がるのは、徳島の18歳右腕・上間永遠(柳ヶ浦高)である。

 140キロ台後半のストレートとカットボール、シンカーなどを武器に、前期終盤から存在感を発揮し始めた。8月24日、対愛媛後期9回戦(徳島市)では7回までノーヒットノーランを続け、完封勝利を挙げている。防御率1.40(1位)。まだまだ伸びしろを感じさせるスケールの大きさが・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

HOT TOPICS

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング