週刊ベースボールONLINE

2019ドラフト 大学生の逸材

海野隆司(東海大) “勝てる”大学No.1捕手

 

今夏の日米大学選手権第4戦で先制2ランを放っている


直球軸に米を翻ろう


 一塁走者が盗塁を企てると、素早く、強い球を二塁ベース上に投げる。捕球から球が二塁へ到達するまでの時間は、1秒8を切る。

 侍ジャパン大学代表の正捕手・海野隆司は、この強肩と捕球の技術、巧みなリードなど守備力の高さに定評がある。プロのスカウト陣は「大学No.1捕手」と評価する。

 東海大では2年春に正捕手となった。だが、2年秋は出場機会を失う。

「球を止める技術がないから、投手からの信頼がない・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング