週刊ベースボールONLINE

2019ドラフト 高校生の逸材

及川雅貴(横浜高) 未来も鑑みた「10年に一人の逸材」

 


10年ぶりの邂逅


 10年に一人の逸材、と言われている。それは、なぜか──。及川雅貴は「菊池雄星(現マリナーズ)の再来」と評価される本格派左腕だからだ。中学時代は侍ジャパンU-15代表(硬式)のエースとして第3回WBSCU-15W杯で準優勝。「世代No.1」の名をほしいままにしてきた。千葉県出身の及川が神奈川の名門・横浜高に進学した理由は──。

「高校で達成したい2つの目標があり、甲子園に出場して全国優勝する。そして、プロの世界に入る。2つを実現できる可能性を考えたときに、横浜高校であると決めました」

 名門・横浜高でも1年夏、2年夏の甲子園に出場。そして、最大のインパクトを与えたのが今年1月25日のセンバツ選考委員会だった。「関東・東京」における一般選考枠は6枠。関東の上位4校と東京1校は基本枠としてあり、ラスト1枠が激論となる。つまり、関東5位校・横浜高と東京2位校・東海大菅生高による比較検討。横浜高は昨秋の関東大会準々決勝(対春日部共栄高)で7回コールド敗退。やや分が悪いように見えたが、横浜高が射止めた。

 最終的な決め手は「大会屈指の及川投手のいる横浜」(選考委員)という見解。さらに・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング