週刊ベースボールONLINE

悲喜こもごも「運命の1日」ドラフト全史

【2013年ドラフト】松井裕樹は5球団競合、大瀬良大地は3球団競合でそれぞれ楽天、広島へ/ドラフト全史1965-2018

 

今年もまた、ドラフト会議がやってきた。1965年秋からスタートし、55回目。制度をさまざまに変えながら歴史を紡いできた。ここでは2018年の会議まで1年ごとに振り返っていく。

楽天1位・松井裕樹[桐蔭学園高]


 指名のウエーバー優先順は例年、その年のオールスターゲームの対戦勝敗結果により確定されるが、この年は1勝1敗1分と五分、かつ、得失点差もなかったために優先順位が確定できなった。そこで、セ・パ両リーグの理事長(セ・リーグは広島・鈴木清明球団本部長、パ・リーグはオリックス・村山良雄球団本部長)による抽選があみだくじ形式で執り行われ、抽選の結果、パ・リーグ側が当たりを引いたことにより、ウエーバー優先順はパ・リーグが獲得した。

 この年の高校生の目玉は松井裕樹(桐蔭学園高)。前年夏の甲子園で1試合22奪三振の大会記録を樹立した左腕を巡り、5球団が競合した。抽選の結果、楽天の立花陽三球団社長が当たりクジを引き当てた。松井は・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

HOT TOPICS

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング