週刊ベースボールONLINE

悲喜こもごも「運命の1日」ドラフト全史

【1993年ドラフト】「逆指名制度」を導入。16年ぶりのクジ引きなしの“無風ドラフト”/ドラフト全史1965-2018

 

今年もまた、ドラフト会議がやってきた。1965年秋からスタートし、55回目。制度をさまざまに変えながら歴史を紡いできた。ここでは2018年の会議まで1年ごとに振り返っていく。

ダイエー2位・小久保裕紀[青学大]


 ドラフトの歴史において大きな転換期であり、新たな試みを導入した年となった。この年から社会人、大学生の1、2位指名に限り「逆指名制度が」スタートした。新制度が適用されるのは1位と2位のみ。3位以降はウエーバー方式と逆ウエーバー方式を交互に行うことに。これによって無風化に拍車がかかり、史上初の抽選なしの見ている側からすれば、会場が沸くこともない盛り上がりに欠けるドラフトになった。

 そんな“無風ドラフト”とも呼ばれた中で注目を集めたのは青学大のスラッガーだった小久保裕紀。水面下で豊富な資金力を誇るダイエーと巨人の争奪戦となったがダイエーが勝利。しかもダイエーは・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

HOT TOPICS

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング