週刊ベースボールONLINE

悲喜こもごも「運命の1日」ドラフト全史

【2018年ドラフト】高校生に重複多数。西武は松本航を1本釣り。近本光司は外れ外れ1位も大活躍/ドラフト全史1965-2018

 

今年もまた、ドラフト会議がやってきた。1965年秋からスタートし、55回目。制度をさまざまに変えながら歴史を紡いできた。ここでは2018年の会議まで1年ごとに振り返っていく。

左から中日1位・根尾昂ロッテ1位・藤原恭大[ともに大阪桐蔭高]


 主役は大阪桐蔭高だった。史上初となる、2度目の甲子園春夏連覇を果たし、ドラフトでは4人が指名を受けた。中でも根尾昂を4球団、藤原恭大を3球団が指名。それぞれ中日とロッテが交渉権を獲得している。同一高校から2人が1位指名を受けるのは、2005年の同校・平田良介(現中日)と辻内崇伸(元巨人)以来、13年ぶり8度目。横川凱も巨人4位、柿木蓮日本ハム5位でプロ入りし、同一高校から4人の指名は、01年の日大三高以来、史上5度目の最多タイ記録となった。

 また、同じ高校生では、報徳学園高の遊撃手・小園海斗に4球団が集中・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング