週刊ベースボールONLINE

追悼特集

不滅の大投手・金田正一 すべてが突き抜けていた400勝左腕

 

歴代最多400勝を挙げた金田正一氏が10月6日、午前4時38分、急性胆管炎による敗血症のため、都内の病院で死去した。86歳だった。今回は伝説の大投手を悼み、現役時代の偉業を中心に振り返ってみたい。

巨人時代の練習風景。引退まで練習量は誰にも負けなかった


反骨心と偉業


 大きな体。明るく、豪快な性格。歯に衣着せぬ“カネやんトーク”でファンも多かったが、アンチも多かった。野球に関しては、自分にも他人にも決して妥協せず、怠慢プレーをした先輩を試合中に怒鳴りつけることもよくあったという。わが道をゆく性格から、国鉄時代は「金田天皇」と言われた。

 1933年8月1日、愛知県生まれ。10人兄弟の大家族だった。金田だけでなく、通算128勝をマークした留広(東映ほか)をはじめ、高義、星雄(ともに国鉄)と3人の弟たちがプロの世界に進んだ。

 名古屋電気学校から享栄商高に編入し、野球部に。享栄商高は、この年、夏の甲子園に出場しているが、金田はまだ補欠で出場はなかった。2年からエースとなり、3年夏の愛知大会で敗れた後、中退し、国鉄入団。背番号は空いている番号の中から「34」を選んだ。

 すぐ先発として投げ始め、1年目は夏からで8勝。球はとにかく速かったが、ノーコンで2年目から3年連続最多奪三振、3年連続最多四球にもなっている。22勝を挙げた2年目の51年には18歳1カ月の史上最年少でノーヒットノーランもマーク。以後、低迷期の球団で14年連続20勝はすごい。武器は史上最速とも言われる快速球と大きなタテのカーブ(ドロップ)。加えるなら・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

HOT TOPICS

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング