週刊ベースボールONLINE

悲喜こもごも「運命の1日」ドラフト全史

【2009年ドラフト】1000人のファンの前で6球団競合の菊池雄星は西武が引き当てる/ドラフト全史1965-2018

 

今年もまた、ドラフト会議がやってきた。1965年秋からスタートし、55回目。制度をさまざまに変えながら歴史を紡いできた。ここでは2018年の会議まで1年ごとに振り返っていく。

西武1位・菊池雄星[花巻東高]


 この年から史上初の試みとして、抽選に当選した一般のファン1000人が会場に招待され、熱いドラマを見守った。

 注目の花巻東高・菊池雄星(現マリナーズ)は、国内12球団に加えてメジャー8球団とも面談をしたが、NPB入りを決断すると6球団が競合し、西武がクジを引き当てて交渉権を獲得した。巨人入りを熱望してこれまでに2度、入団を拒否していたホンダの長野久義(現広島)はついに巨人が1位で単独指名に成功している。

 ほかにもロッテが“韋駄天”荻野貴司(トヨタ自動車)、ソフトバンクが2018年までにベストナイン2度、ゴールデン・グラブ賞を5度受賞することになる明豊高の投手・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

HOT TOPICS

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング