週刊ベースボールONLINE

悲喜こもごも「運命の1日」ドラフト全史

【2006年ドラフト】ハンカチ王子は不在も田中将大、坂本勇人など高校生ドラフトで大物入団/ドラフト全史1965-2018

 

今年もまた、ドラフト会議がやってきた。1965年秋からスタートし、55回目。制度をさまざまに変えながら歴史を紡いできた。ここでは2018年の会議まで1年ごとに振り返っていく。

楽天1巡・田中将大[駒大苫小牧高]


 最大の注目を集めた夏の甲子園のヒーロー、ハンカチ王子こと早実の斎藤佑樹はプロ志望届を提出しなかったが、高校生ドラフトでは未来のビッグネームが並んだ。斎藤と甲子園で熱戦を繰り広げた駒大苫小牧高の田中将大(現ヤンキース)は1巡目で4球団が競合し、楽天が交渉権を手に入れた。さらに広島がPL学園高の前田健太(現ドジャース)を一本釣り。外れ1位では巨人が・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング