週刊ベースボールONLINE

悲喜こもごも「運命の1日」ドラフト全史

【1999年ドラフト】剛腕左腕・河内貴哉は3球団競合。2位の田中賢介も3球団指名。下位指名の高校生には逸材多し/ドラフト全史1965-2018

 

今年もまた、ドラフト会議がやってきた。1965年秋からスタートし、55回目。制度をさまざまに変えながら歴史を紡いできた。ここでは2018年の会議まで1年ごとに振り返っていく。

広島1位・河内貴哉[国学院久我山高]


 高校生が輝いたドラフトだった。甲子園出場はなかったが剛腕左腕と騒がれた国学院久我山高の河内貴哉と、夏の甲子園を制した桐生一高の正田樹が注目を集めた。河内は近鉄、中日と広島の3球団が競合し、広島が引き当てた。一方、正田は日本ハムが一本釣りに成功した。

 この年はそのほかにも5人の高校生が1位指名された。中日は河内を外した後、夏の甲子園で149キロを投げた東邦高の・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング