週刊ベースボールONLINE

悲喜こもごも「運命の1日」ドラフト全史

【1992年ドラフト】松井秀喜は長嶋茂雄監督が引き当てて巨人へ。伊藤智仁にも3球団が競合/ドラフト全史1965-2018

 

今年もまた、ドラフト会議がやってきた。1965年秋からスタートし、55回目。制度をさまざまに変えながら歴史を紡いできた。ここでは2018年の会議まで1年ごとに振り返っていく。

巨人1位・松井秀喜[星稜高]


 夏の甲子園での5打席連続敬遠で一躍注目を浴びた星稜高の松井秀喜に大きな注目が集まったこの年のドラフト。中日、ダイエー、阪神、巨人の4球団が1位で指名し、見事に引き当てたのは秋から電撃的に巨人の指揮官に復帰した長嶋茂雄監督だった。その後の師弟関係を通しての松井の日米を股にかけた成長、国民栄誉賞ダブル受賞へと至るドラマはこの瞬間から始まった。

 松井以外で競合したのが宝刀のスライダーで衝撃的なプロデビューを飾る・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

HOT TOPICS

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング