週刊ベースボールONLINE

悲喜こもごも「運命の1日」ドラフト全史

【1991年ドラフト】若田部健一はダイエーへ。東北福祉大から5人。イチローら下位にも逸材/ドラフト全史1965-2018

 

今年もまた、ドラフト会議がやってきた。1965年秋からスタートし、55回目。制度をさまざまに変えながら歴史を紡いできた。ここでは2018年の会議まで1年ごとに振り返っていく。

ダイエー1位・若田部健一[駒大]


 アマチュアとの関係改善のために「プロ入り拒否」を表明している選手を指名しないという申し合わせが初めてされたドラフト。そのためか“無風ドラフト”となり、上位では若田部健一(駒大)を4球団が指名し、ダイエーが交渉権を獲得した。また、大洋1位の斎藤隆、ダイエー3位の浜名千広ら東北福祉大から5人、これは1977年の江川卓らの法大と並ぶ同一年度での複数指名の最多タイ記録となった。

 ほかにはヤクルトに1位指名された大型サウスポーの・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング