週刊ベースボールONLINE

悲喜こもごも「運命の1日」ドラフト全史

【1989年ドラフト】8球団競合の野茂英雄を筆頭に名選手多数。大森剛、元木大介が巨人を巡る“明暗”/ドラフト全史1965-2018

 

今年もまた、ドラフト会議がやってきた。1965年秋からスタートし、55回目。制度をさまざまに変えながら歴史を紡いできた。ここでは2018年の会議まで1年ごとに振り返っていく。

近鉄1位・野茂英雄[新日鐵堺]


 会場は、この1年だけ赤坂プリンスホテルとなった。新しく導入された大型テレビ画面のディスプレーに、次から次へと名前が映し出されたのは野茂英雄(新日鐵堺)。ロッテ、大洋、日本ハム阪神、ダイエー、ヤクルトオリックス、近鉄。1位指名入札での8球団競合は1979年岡田彰布(早大→阪神)、85年清原和博(PL学園高→西武)の6球団を塗り替える新記録だった。交渉権を獲得したのは近鉄だったが“クジを引く”のではなく、最後に残った1枚を手にした。それが「当たり」だった。野茂は「近鉄は優勝もしているし、いいチームだと思います」と話した。

 しかし、話題という点では、むしろ野茂を上回ったのが・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

HOT TOPICS

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング