週刊ベースボールONLINE

ストーブリーグ最前線2019-2020

12球団補強戦略の現在地 ロッテ、日本ハム、オリックス編

 

ドラフト会議、日本シリーズが終わり、本格的な移籍市場がオープンとなった。ここでは球団別に補強戦略の現在地を探ってみる。
情報は10月19日時点 ターゲット候補、去就要注目の人選は編集部。順番は文中の登場順

益田がFA宣言すれば争奪戦となるだろう


ロッテ・FA流出なら編成は白紙に


■ターゲット候補
鳥谷敬(阪神)

■去就要注目
益田直也
鈴木大地
荻野貴司
レオネス・マーティン

 最終戦までCS争いを繰り広げるなど投打に手応えを感じながらシーズンを終え、ドラフトでは超目玉の佐々木朗希(大船渡高)を引き当てたが、来季の戦力構成は不透明だ。益田直也、鈴木大地、荻野貴司という投手&内外野の要が国内FA権を取得したからだ。

 クローザーの益田の穴は、今季中盤からブルペンの一角に加わったドラ2右腕・東妻勇輔の成長があれば埋めることも不可能ではないが、チームリーダーにしてスーパーユーティリティーの鈴木、斬り込み隊長・荻野は代えが効かない存在。万が一を見越し・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング