週刊ベースボールONLINE

日本シリーズ激闘史1950-2018

【1959-64】南海・杉浦4連投4連勝。三原大洋が初の日本一に/日本シリーズ激闘史

 

「日本ワールド・シリーズ」として1950年にスタートした日本シリーズも、今年で70回目を迎えた。ここでは、その激闘の歴史を振り返る。
写真=BBM

1959年日本シリーズで4連投4連勝の離れ業を演じMVPとなった南海・杉浦忠


 日本シリーズの歴史は、さまざまな人の思いが複雑に絡み合いながら続いてきた。

 1951年の初出場から日本シリーズで巨人に4回負けた後、56年からはリーグ戦で西鉄の3連覇を許した“親分”鶴岡一人監督率いる南海。機動力と鉄壁の守備力で黄金時代を築いたチームだったが、鶴岡は現状打破のため、個の力の強化に着手。立大のスター、杉浦忠、長嶋茂雄の獲得をその要と考えていた。長嶋は直前で翻意し、巨人に入ったが、最初の約束どおり南海入りした杉浦は見事、親分の期待に応える。2年目の59年、38勝4敗、防御率1.40という信じられぬパフォーマンスで南海にリーグ優勝をもたらした。

 日本シリーズは、この南海と2年目の長嶋が四番に座った巨人が宿命が・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

HOT TOPICS

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング