週刊ベースボールONLINE

日本シリーズ激闘史1950-2018

【1965-73】パの覇者たちを退け巨人が空前絶後の9連覇/日本シリーズ激闘史

 

「日本ワールド・シリーズ」として1950年にスタートした日本シリーズも、今年で70回目を迎えた。ここでは、その激闘の歴史を振り返る。
写真=BBM

1973年南海を破って巨人が9年連続日本一を達成。先頭が川上哲治監督


 いよいよ球史に残る巨人V9の時代がやってきた。まずは1965年、巨人は南海と6回目の対戦。戦力的には、互いに先発に決め手を欠いたが、巨人は“8時半の男”と呼ばれたリリーバー・宮田征典が、第2戦は同点とした7回から、第3戦は逆転した8回から、第5戦では同点の8回から登板し、失点ゼロで2勝を挙げた。最後の第5戦は新人・土井正三がサヨナラ打を放ち、4勝1敗で日本一を決めている。

 翌66年も巨人の相手は南海。パームを武器にする渡辺泰輔が1戦目から3試合連続で先発したが、これを高校時代、同じ神奈川県で幾度も対戦がある柴田勲が・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

HOT TOPICS

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング