週刊ベースボールONLINE

侍ジャパン宮崎合宿REPORT

プレミア12初制覇へ──。見えた世界一への骨格

 

11月5日に台湾(スーパーラウンド、決勝は日本)で開幕するプレミア12に向けた侍ジャパンの代表合宿が10月22〜26日、宮崎で行われた。日本シリーズを戦っていたソフトバンク巨人からの選出メンバー(と辞退選手)を除く16人でのトレーニングだったが、世界一を目指すチームの“骨格”が見えてきた。
取材・構成=坂本匠、写真=湯浅芳昭

10月26日のオリックスとの練習試合に先発し、3回を散発2安打に抑えた今永昇太。台湾での1次ラウンドの先発3本柱の1人として期待を受ける


今永が左の一番手。千賀辞退も岸がカバー


 日本シリーズ第3戦前日の10月21日に、シリーズ中のソフトバンク、巨人からの選出選手(+辞退選手2人)を除く16人が1次合宿地・宮崎に集合し、翌日から練習試合2試合を含む5日間、汗を流した。そんなチームに残念なニュースが飛び込んできたのが24日のこと。稲葉篤紀監督が「投手陣の中心」と信頼を置いていた千賀滉大(ソフトバンク)が右肩の違和感を理由に出場を辞退。出ばなをくじかれることとなった。

 というのも、13人の投手陣の編成は、プレミア12の大会スケジュールに合わせており、まず台湾での1次ラウンド(11月5〜7日)3試合を戦うための先発3人をローテーションの柱と考えた中で、千賀はこの一番手だったからだ。日本に戻ってスーパーラウンド4試合、決勝1試合と続くため、ここからは先の3人にもう1人が先発に加わり、最終的には先発4人、リリーフ9人で戦う。

 千賀の代わりに“三本柱”で中心となるのが・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

HOT TOPICS

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング