週刊ベースボールONLINE

言いたい放題のクロストーク

里崎智也(野球解説者)×小沢一敬(スピードワゴン) 言いたい放題のクロストーク どうだったの!? 2019プロ野球

 

芸能界きっての野球好き・小沢一敬さんと、元ロッテ捕手の里崎智也さんが対談!シーズン開幕前に行った順位予想の反省会を兼ねて、今年のプロ野球を振り返った。言いたい放題のクロストークは、放送禁止ギリギリの危ない展開に……!?
取材・構成=依田真衣子、写真=椛本結城、BBM


振り返り〜セ・リーグ編〜


小沢 実は今年、開幕前に2人で順位予想を行ったんですよね(下表参照)。というわけで、順位予想反省会を兼ねた今年のプロ野球振り返り、いってみましょう!里崎さん、よろしくお願いします。

里崎 よろしくお願いします。


小沢 実際の順位どおり見ていきましょう。まず、セ・リーグ1位の巨人。途中、菅野智之選手が抜けてどうなるかと思ったけど、結構若い選手が出てきましたよね。

里崎 終盤の桜井俊貴は大きかったですね。あと山口俊が先発ローテーションを守ってタイトルを獲るなど、頑張った。中継ぎ陣は最後まで形が決まらなかったけど、原辰徳監督がうまくやり繰りしました。抑えも中川皓太がやったり、外国人がやったり、マネジメントが絶妙だったと思います。

小沢 今回のプレミア12を見ていて思ったけど、後ろの3人がガチッとハマってるチームは強いね。

里崎 でしょ? 本来ならそうなんですけど、その定説を覆したのが今季の巨人。だから、僕はまたお勉強中です。中継ぎが決まらなくても勝てるんだって。

小沢 なんでなの?

里崎 原さんが良い意味で我慢しなかった。誰かにこだわらないで、調子が悪くなったら新しい投手を入れたり、先発に回したり。

小沢 よく野村(野村克也)さんが、「監督の采配で勝つ試合なんか1年に10試合もない」っておっしゃってますけど、今年は原監督の采配で勝ったと言っても?

里崎 選手の頑張りが一番ですが、そう言っても過言ではないくらい、選手起用はうまかった。あと、丸佳浩の存在ですね。

小沢 丸君は良かったですね〜。

里崎 あと、坂本勇人もですけど、何より亀井善行が頑張ったんで。丸、坂本に加えて、亀井、岡本(岡本和真)がいい働きをした。

小沢 亀井さんがめちゃくちゃ良かったじゃないですか。でも来季も同じように一番打者を担うかどうかは分かりませんもんね。で、2位がDeNA。お互い予想では上位に挙げてますけど……。

里崎 序盤は中継ぎの状態が悪かったですけど、終盤良くなりました。あとは打撃陣が頑張りましたよね。

小沢 ほかがだらしなかったのか、DeNAが本来の力が出せたのか。

里崎 そこは広島がね……。

小沢 3位が阪神です。僕ね、ここBクラスだと思ってたんですよ。

里崎 1年間先発ローテーションを守った、西勇輝の加入が大きかったですね。中継ぎもジョンソンが入って安定しましたし、何とか最後に踏ん張り切りましたね。

小沢 抑えの藤川球児君もね、完全復活と言っていいほどの……。

里崎 復活って、どこに達したら復活なんですか? もう全盛期に戻ることはないですよ。

小沢 里崎さん、全然素直に「ウン」って言ってくれない(笑)。

里崎 (笑)。まあここ数年の中では一番状態が良かったですよね。もうちょっと・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング