週刊ベースボールONLINE

12球団2019年シーズン回顧

ロッテ・得点増も投打かみ合わず。地力アップは確かだが……/12球団2019年シーズン回顧

 

本塁打増により得点力は確実にアップした。しかし、先発・リリーフとも軸が定まらず、投打のかみ合わせは最後まで悪いまま。3年連続でCS進出を逃すことになった。

就任2年目の井口監督のもとで着実な戦力アップは果たしたものの、優勝を争うにはまだまだ力不足だ


柱不在の先発ローテ


 戦力の底上げが成されたことは確かだろう。シーズン最終戦までAクラス入りの可能性を残し、借金の数は昨季の22から1まで減少させた。しかし、就任2年目の井口資仁監督が「優勝するには大きなカベがある」とシーズンを振り返ったように、上位をうかがうにはまだまだ改善すべき点が多い。その事実をあらためて突き付けられたシーズンとなった。

 簡潔に言えば先発陣が踏ん張れず、投打がかみ合わなかった。象徴的だったのが4勝10敗と出遅れ、最下位からの出発となってしまった開幕14試合の戦いだ。この間、新加入の大砲レアードが開幕10戦6発を放つなど、14試合で48得点と極端に打線が停滞していたわけではない。だが、先発に白星がついたのは1度、逆に先発に黒星がついたのは8度。打線が得点を奪えば投手陣がやすやすと失点し、投手陣が踏ん張れば打線が沈黙する。この悪循環はシーズン最後まで続いた。

 最初の誤算は・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

HOT TOPICS

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング