週刊ベースボールONLINE

明日へのトビラ〜さらなる飛躍へ〜

オリックス・張奕インタビュー 投手転向の覚悟 「マウンドではシンプルに腕を振っていきたい」

 

このチャンスを逃すまい――。2017年育成ドラフト1位で外野手として入団もバットが振るわず、「もうクビだ」と思った失意の中で、差した光が18年途中の投手転向だ。昨季途中に支配下登録を勝ち取り、プロ初勝利もマーク。野手で結果を残せなかった男の覚悟は、誰よりも強い。
取材・構成=鶴田成秀 写真=佐藤真一(インタビュー)、BBM


変わった意識


 悔しさが成長を支えた。野手として支配下登録を目指すも、ファームで結果を残せず出場機会が激減。そんなとき投手転向のチャンスが訪れた。そして一人の先輩右腕の姿勢を目の当たりにし、“意識”が変わっていく。

──投手に本格転向した昨季。振り返れば、どんな1年でしたか。

 とにかく、すごい1年でした。僕自身も結婚して家族ができ、責任感も出て。18年途中に投手転向してから、すごく成長したなと周りからも言われましたし、自分でも実感できた1年でした。ただ、良いことばかりではなく、ダメなときはとことんダメで。波が激しい1年でもあった。良いときもあったけど、すぐに下に落ちてしまって。

──それはメンタル的にですか、それとも技術的に。

 両方ありますけど、特に技術だと思います。技術がないから調子に波がある。それをなくすために、今年は覚悟と自覚を持って挑みたい。常に良いパフォーマンスを維持しないといけないと思っています。

──気持ちを奮い立たせる原動力は。

 野手で成功できなかった悔しさです。その思いから「上に行きたい」「一軍で投げたい」と常に思っている。みんなに僕のことを知ってほしいと、常に前向きのことを考えているんです。

──そもそも投手転向を決意した際、悩むことはなかったのでしょうか。

 なかったです。自分でも分かっていたんですよね。このままだったらシーズン終了後にクビになる、と。

──結果が出なかったことで、そう思っていたのですか。

 そもそも1年目と比べて出場試合数が全然違いましたから(1年目=59試合、2年目=15試合)。スタメンも1回だけ。打席は7、8回しか立っていない。もう終わりだと思っていました。自分でも心が燃え尽きていたんです。

──二軍の酒井勉弓岡敬二郎の両コーチに「投げてみろ」と言われて投球練習を始めたそうですね。

 あのときファームの遠征中で僕は残留組だったんです。正直、残留練習もやる気が出なくて。その練習が終わったときに・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング