週刊ベースボールONLINE

“令和”新時代を切り拓く男たち RISING SUN INTERVIEW

DeNA・伊藤裕季也インタビュー 新世代スラッガー 「欲を出し過ぎると崩れやすい。理想とするフォームでしっかりと振ること」

 

メジャーへと海を渡った筒香嘉智の穴を埋める後継者候補として名前が挙がる大型内野手だ。昨年ドラフト2位でベイスターズに入団すると才能の片りんをのぞかせた。2年目の今季はチーム内の競争を勝ち抜き、レギュラー奪取を目論む。ブレーク必至の若き才能は、春季キャンプで泥にまみれていた。
取材・構成=滝川和臣 写真=井田新輔


ホームランは狙わない自分の形で振ることを重視


 DeNAのチーム付広報に昨年まで巨人で打撃投手を務めた藤井秀悟(元ヤクルトほか)が加わった。今回インタビューをアテンドしてくれた新米広報は「伊藤裕季也、これから特守なんで、ヘトヘトになる前にインタビューやりましょう」と気を遣っていただいたが、キャンプ中は練習が最優先。丁重に申し出を断り、特守後の取材にしていただいた。みっちり30分間、永池恭男コーチのノックによる特守を終えた伊藤裕は、疲労の色も見せずに笑顔でインタビューの席についてくれた。

──特守は疲れましたか?

伊藤裕 大丈夫です。練習がきつい時代は終わりました(笑)。

──顔がスリムになって精悍(せいかん)な印象です。

伊藤裕 少し痩せました。アゴ周りが昨年の写真と比べると違うかもしれませんね。

──意識的に体重を落とした。

伊藤裕 今年は二塁をやりたいと思っているので、動けないと守れません。守備のことを考えて体重を落としました。とは言っても、オフの間に減ったのは2キロくらい。1年前と比べたら6〜7キロですね。

──昨年11、12月に行われた台湾のアジア・ウインター・リーグではいい経験ができたようですね。

伊藤裕 打撃では満足いく部分と、満足できない部分がありました。凡打の内容が悪く、いい打ち方や収穫のある打ち取られ方が少なかったです。三振も多くて、毎打席同じような失敗を繰り返したのが納得できなかった。でも、ヒットのときはシーズン中よりいい形で打つことができた。そこがよかったと思う点です。自分の形で振ることができました。

──ダメなときは崩されての三振だったと。

伊藤裕 バットの届かないコースを振ってしまったり、目線が変わってしまったりだとか。そうした部分はまだまだだと感じさせられました。

──自分の形で振ることを重視する。

伊藤裕 はい。誰もがホームランを打ちたいと思って打席に入りますが、欲を出し過ぎると崩れやすくなってしまいます。理想とするフォームでしっかりと振ることです。

──打撃フォームも見直したそうですね。

伊藤裕 僕はホームランや長打を求められる打者です。その期待に何とか応えようと、昨年まではなんでもかんでも引っ張りにかかろうとしていました。欲を出して、必要以上に力が入ってしまっていました。それを修正したいと思いフォームを変えたんです。一番のポイントは・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング