週刊ベースボールONLINE

SPECIAL CROSS TALK

中畑清×デーブ大久保 特別対談 ぶっちゃけ本音の決定版!2020ペナント順位予想

 

※今号(2020年3月23日号)は、「3.20」開催を前提に記事を構成しており、本誌の締め切り日(3月9日)に発表されたNPBの開幕延期と取材時期との関係上、一部、事実と齟齬が生じております。ご了承ください。


シーズン開幕前に監督経験のある野球解説者、中畑清氏とデーブ大久保氏に今年のペナントレースを占ってもらった。ぶっちゃけ本音で各球団に斬り込み、突然の妄想が始まるなど、大盛り上がりの1時間30分。さあ、どんな展開になったのか──。
取材・構成=椎屋博幸 写真=大泉謙也、BBM

原監督の勝ちへの執念はすごい


 デーブ大久保氏は予想をあっさり書き終え、中畑氏は悩みながらセ・リーグの順位を予想していると……。

デーブ大久保(以下デーブ) 順位予想でペンがなかなか進まないとき、そのリーグは団子状態のペナントレースになると予想しているからです。それにプラス順位予想の重要な要素は……。

中畑&デーブ (OB球団との)付き合い!

中畑 これは大事なことだよ。そこはちゃんとココ(誌面)に書いてよ(笑)。

――もちろんです(笑)。では、本音たっぷりの順位予想をお伺いします。まずはセ・リーグからお願いします。

中畑 毎年沖縄のDeNAからキャンプ取材をスタートするんだけど、今年は巨人OB会長になったから、巨人からスタート。今年もいい戦力を持っている。それとね、悔しいけど、原(原辰徳)監督は勝つよね。昨季、勝つために呼ばれ結果を出した。これはできそうでできないんだよ。「何を言われても勝つ」という信念はすごいと思うね。

デーブ 一死三塁でもエンドランで1点を奪うという野球を原さんは平気でやるんです。試合をする前から相手チームに警戒をさせてしまう力がある。実際に監督としてエンドランのサインを出すときにめちゃくちゃ勇気が必要で、よほど犠打のサインのほうが楽ですよ。

中畑 確かにベンチは、犠打のサインのほうが楽。打者はイヤだけど(笑)。

デーブ 原さんは普通にウソだろ? というサインを簡単に出せます。戦術はすごいと思いますね。

中畑 でもプロ野球という日本野球最高峰の舞台で、原監督の采配はあり得ない。でもこれが勝つと当たり前のことになっちゃうんだ。もっと魅せる野球をやれよ、と言いたいときもある。でもね、自分も監督経験があるから分かるけど「勝つこと」が一番。勝つことに対しての執念は、原辰徳という男はすごいよ。

デーブ 原さんの勝ちにこだわる執念は、私もすごいと思います。

中畑 同じA型の血液型で、オレなんかすぐいろいろと気にしてしまうほど繊細。原監督は平気で、逆境のときほど胸を張るタイプ。多分違う血液が流れているよ(笑)。

デーブ 師匠(※デーブ氏は中畑氏を師匠と呼ぶ)A型はA型です(笑)。ただタイプ的には2人は違いますよね。

中畑 原監督は選手たちを信頼しない采配もできる。四番でもバントをさせ、冷徹でブレない。自分が現役のときにそれをやられたら、めちゃくちゃ怒っただろうけどね(笑)。

デーブ 投手陣では、山口俊が抜けましたが、そこはほかの投手で十分補えます。

中畑 去年の俊は貯金がすごかったんだよな(9個)。でもそこは十分補えると思うけどな。

デーブ 戸郷(戸郷翔征)がいますよ。あの投手はいいですよ、見ました?

中畑 戸郷なあ。化けそうだな!

デーブ 打撃コーチの視点からしたら対策を2つくらい用意しないと攻略は難しい投手です。

中畑 デーブが見てそう思うのなら、そうかもな。

デーブ キャッチャー目線で見てすごくて・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング