週刊ベースボールONLINE

選手たちから子どもたちへ送る 心を一つに!「がんばろう」メッセージ

巨人・坂本勇人ミニインタビュー マー君とバッテリー!? 巨人主将の少年時代は?

 

新型コロナウイルス感染拡大により、5月に入っても続く外出自粛。野球好きの子どもたちは、思いっきりプレーすることもできず、球場に遊びに行くことも、テレビで見ることもできず、退屈な日々を過ごしているはずだ。そんな子どもたちが、少しでも明るく、笑顔になれるように――。プロ野球選手たちからのメッセージをお届けしよう。今回は、各球団を代表する6選手から。ミニインタビューに登場する3選手には、自身の少年時代についても振り返ってもらった。
取材・構成=坂本匠 写真提供=山崎三孝(昆陽里タイガース理事長)
※各球団、選手たちには、電話やメールにて取材にご協力いただきました


 小さいころからスポーツが大好きで、とにかく外に出て体を動かしていました。友達を誘って、近所を走り回っていたと思います。でも、一番の遊びはやっぱり、野球。6歳上の兄が少年野球チーム(昆陽里タイガース)に入っていたこともあって、物心ついたときには一緒に野球をするようになっていました。チームの練習に行くときには、いつもくっついていって、もう幼稚園のころには勝手に朝練に加わっていましたね。誰も相手にしてくれないときでも、家の前の壁に向かってボールを投げて、跳ね返りをキャッチしてまた投げ返す、いわゆる「壁当て」が大好きで、毎日毎日飽きもせずやっていました。正式には小学校に入学と同時に入団しています。本当は小学3年生からという決まりがあったはずですが、もうチームにも慣れていましたから、特別待遇です(笑)。同級生の田中将大(=現ヤンキース)が入ってきたのはその後のことです。

 実は野球を始めたばかりのころは・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

HOT TOPICS

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング