週刊ベースボールONLINE

新型コロナショックの現在地

「運命の日」は動かない!見直しを迫られるドラフト戦略 問われるスカウトの眼力と手腕

 

新型コロナウイルスの感染拡大は、国内外を問わず、野球界に深刻な影響を及ぼしている。ここでは各分野における“リアルな今”をリポートしてみたい。まずは日本プロ野球界の一大イベント、ドラフトについてだ。プロ・アマ全体で活動休止が続く中、プロのスカウトたちは窮地に陥っている。
文=岡本朋祐 写真=BBM

今秋のドラフト会議がどのような状況を経て行われるかは、現時点で誰も分からない/写真は2019年のドラフト会議


アマ公式戦延期、中止もドラフト日程は不変か


 当初、5月6日までと設定されていた緊急事態宣言は、31日にまで延長された(※その後、14日に39県は解除)。プロ野球のペナントレース開幕も、混迷を極めている。

 NPBホームページには「プロ野球行事日程」が掲載されている。昨年7月下旬、東京五輪開催のため、例年よりも約4カ月前倒しでセ・パの公式戦日程が発表された。五輪期間中に予定されていた約3週間の中断に加えて、神宮、横浜が五輪により使用できないこともあり、約1年をかけて日程を作成。円滑に運営していくための万全の準備であったが……。新型コロナウイルスの感染拡大を受けたシーズン開幕の延期により、大幅な手直しに迫られている。

 この“五輪モード”により、ドラフト会議も例年よりも2週間遅い、11月5日に設定(昨年12月9日発表)されている。アマチュア選手にとっての「運命の日」は、プロ野球の開幕延期の影響を受けない模様である。なぜならば・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング