週刊ベースボールONLINE

選手たちから子どもたちへ送る 心を一つに!「がんばろう」メッセージ

オリックス・山本由伸ミニインタビュー 「今はチャンスでもある!」

 

将来の野球界を担う子どもたちへ、オリックスの若き右腕がメッセージを送ってくれた。野球ができないツラさを力に変えて──。自身の少年時代を振り返りつつ、野球少年・少女へアドバイスを送る。
取材・構成=鶴田成秀 写真提供=BBM
※電話で取材にご協力いただきました

小学6年生のときには目標だった全国大会に出られました。開会式で神宮球場に入ったときは本当に感激しましたね[写真先頭が山本]


楽しむ中で“目標”を


 大会が中止になり、練習試合もできない。練習すらできない今の状況がツラいのは、本当によく分かるんです。僕自身も小学生のときから本当に野球が大好きでしたから。学校が終われば、みんなで集まって野球をするのが当たり前。野球漬けの毎日でした。

 今は『大好き』という言葉で表現できますが、小学生のときは“好き・嫌い”なんて考えたこともなかった。そもそも野球を始めたこと自体が自然の流れ。お父さんが野球をやっていたこともあり、物心ついたころから野球ボールで遊んでいた。学童チームに入ったのは小1ですが、幼稚園児から野球をやっていたようなものでしたからね。

 入団した『伊部パワフルズ』の練習が厳しくなかったのも良かったと思うんです。練習は火、木、土曜と週に3回。練習試合が入れば日曜もチームの活動はありましたが“必ず”ではなかった。厳しくなかったから、純粋に野球を楽しめたと思うんです。

 その学童チームは・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング