週刊ベースボールONLINE

New Heroes

2020年の主役候補12人!本誌12球団担当のイチオシたち【パ・リーグ編】

 

練習試合もすべて終了。あとは6月19日の本番を待つだけだ。ここでは本誌の各球団担当が、担当球団から1人ずつ新たなる2020年の主役候補を選んでみた。
※年齢は2020年の満年齢

ソフトバンク・栗原陵矢 試合出場への強いこだわり


栗原陵矢捕手・24歳/写真=湯浅芳昭


 積極的に、しっかりと振り抜く。バットの芯でとらえた打球は鋭く飛んでいき、練習試合では京セラドーム5階席にたたき込む特大弾も。非凡な打撃センスを存分に発揮すると、目標の1つとしていた開幕スタメンも現実味を帯びてきた。捕手登録ながら、一塁、外野も守るユーティリティーだ。6年目を迎え、「どこのポジションでもとにかく試合に出て、結果を出すことが第一」。何よりも一軍でプレーし続けることにこだわるからこそ、どんなに好調を維持していても常に必死のプレーを見せる。打撃では・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング