週刊ベースボールONLINE

focus on ペナントレース

楽天の快進撃支える救援陣

 

ロッテとの6連戦に5勝1敗と勝ち越し、首位の座を奪った楽天。好調な打線とともに、その快進撃を支えるのは盤石な救援陣と言っていいだろう。そこには異例のシーズンを乗り切る、万全な体制があった。
※記録、情報は7月5日時点

9回を締めるのは新守護神の森原[右]。まだセーブ機会は少ないが、着実に任務を遂行している


カギとなる助っ人3投手


 7月4日のロッテ戦(楽天生命パーク)に3対1で勝利(7回終了降雨コールド)、リーグ10勝一番乗りを果たすとともに、単独首位に立った。ロッテとの6連戦は3試合連続1失点勝利の3連勝で締め、投手陣の充実ぶりを示している。

 ただし、この6連戦で6回まで投げ切った先発投手は弓削隼人則本昂大石橋良太の3人。チームは活動休止期間が長く、調整に十分な時間が取れなかったことも事実なのだ。三木肇監督は現在、100球を上限に早めにブルペンにバトンを渡す策を用いている。そのため、勝敗のカギを握るのが救援投手である。

 救援陣の充実ぶりは下表を見れば一目瞭然。まずポイントとして挙げられるのは外国人投手の起用法だ。今季限定の特別ルール「外国人枠4人→5人」を有効活用している。現在、投手はブセニッツ宋家豪シャギワの3人、野手はブラッシュ、ロメロの2人を一軍登録。登録抹消することなく、救援投手3人で回すことが可能になった。連投した投手が次戦でベンチから外れるなど、負担の分散に重きを置いている。

 それでも、岸孝之が今季初先発した7月4日の試合では大胆な一手に打って出た・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

関連キーワード検索

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング