週刊ベースボールONLINE

12球団最新打順分析

中日・強竜打線は健在ながら求められる勝負強さ、ポイントは二番と六番

 

異例のシーズンの中、スタメンも例年に比べ変動が激しい。果たして現状の12球団のベストスタメンとは。そして過密日程を戦い抜くためのカギを握るのは何番の誰なのか。四番特集に続く立体企画として、12球団の最新打順を検証していく。
※情報は7月2日時点

高橋の離脱が今後どう影響するか


好不調の波を小さく


 開幕前はなかなか二番が決まらなかった。昨年は主に京田陽太が務めたが、今年は与田剛監督が二番に強打者を置く攻撃野球を目指し、一時はアルモンテが有力だったが、開幕スタメンは平田良介に落ち着いた。

 しかし、その平田が4試合で18打数1安打と極度の不振。そこから遠藤一星、アルモンテ、武田健吾、ついには大島洋平が一番から二番を任されたものの、金縛りにあったように誰も打てなかった。スタートダッシュは二番の穴もあり・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

関連キーワード検索

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング