週刊ベースボールONLINE

12球団1カ月診断

【検証】12球団1カ月診断 パ・リーグ編

 

開幕からおよそ1カ月が経過。果たして、ここまでの戦いは想定内なのか、想定外なのか。
(記録・情報は7月19日現在。)

楽天・打線と救援陣の充実で絶好のスタート


新加入の鈴木大地が好調を維持


 開幕から故障離脱者が出ておらず、リスクマネジメントも万全だ。ここまで打線でスタメン出場を続けるのは鈴木大地、浅村栄斗島内宏明の3人のみ。DH起用で負担軽減しながら出続ける浅村は11本塁打、鈴木大は得点圏打率.480と、2人の勝負強さが際立つ。

 新加入の涌井秀章が開幕4戦4勝を挙げるなど、チーム防御率リーグトップの投手陣。誤算は先発再転向の松井裕樹で、わずか2試合で先発ローテから外れた。その代役の岸孝之も不調で登録抹消と雲行きが怪しい。一方、救援陣を支えるのが・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング