週刊ベースボールONLINE

Close up New HERO

躍り出た「夏の新主役候補」

 

開幕から1カ月が過ぎ、予想以上の活躍を見せる者、思わぬ不振に苦しむ者と徐々に明暗が分かれてきた。真夏の戦いに向け、主役候補に名乗りを上げた4人の選手をピックアップする。
※記録は7月19日現在

広島・堂林翔太内野手 「鯉のプリンス」の覚醒


打率.434、4本塁打、15打点、4盗塁

序盤戦、最大のサプライズが広島・堂林の覚醒だ/写真=毛受亮介


 昨年までと、全く違う選手がそこにいる。2012年には144試合に出場し、14本塁打を放ったが、以降は安定した成績を残せず、徐々に出番を失っていた。昨年は出場28試合で7安打。近年は内角球に詰まり、外角球にはバットがクルッと回るか引っ掛ける……というシーンばかりが見られていた。

 しかし今季は生まれ変わった。自主トレでは・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング