週刊ベースボールONLINE

LIONS SPIRIT

源田壮亮コラム「今後も投手に『あそこに打たせれば大丈夫だ』と信頼される二遊間になることが目標です」

 

二塁・外崎とのコンビネーションでゲッツーを決める


併殺は見せ場の一つ


 昨季からセカンドにトノ(外崎修汰)が入って、二遊間を組んでいます。ショートの守備位置から見ていても、トノは守備範囲がメチャクチャ広い。チームにとっても、それはすごく大きいことだと思います。僕がプロ1年目の2017年から2年間は浅村(浅村栄斗、現楽天)さんがセカンド。特にアドバイスされることはなかったですが、浅村さんはゲッツーの際のピボット(打球を処理した野手から送球を受けて一塁へ転送すること)がメチャクチャ速かったので、すごく助けられましたね。もちろん、ピボットはトノもすごく速いです。

 やっぱり、二遊間の見せ場の一つは併殺プレーだと思います。「6-4-3」のときは、できるだけセカンドが捕球しやすいように、ボールがしっかり見えるように送球することを意識していますね。例えば、セカンドがスムーズに素早く送球できるように左胸あたりを狙うというのは……そこまで考えると僕はおかしくなってしまうので、だいたいのところに狙いを定めて投げるようにしています。

「4-6-3」のときは、まずベースの踏み忘れがないように、そこを強く気をつけますね。ベースを踏めずにアウトにできなかったというのは、あまりにもったいないですから。あとは・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

HOT TOPICS

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング