週刊ベースボールONLINE

移籍最前線

2020-2021移籍最前線【西武・楽天】

 

シーズン閉幕を前に各球団の引退選手、さらには戦力外選手が次々発表されている。例年に比べ、短くなると思われるストーブリーグ。果たして、これからどう動いていくのか……。
※情報は11月9日正午時点

西武・多和田は育成契約の方針


引退セレモニーで花束を受け取る高橋朋己


 かつての守護神がユニフォームを脱いだ。肩やヒジの度重なる故障で2019年から育成選手となっていた高橋朋己。11月4日のホーム最終戦で引退セレモニーがあり、来年からライオンズアカデミーのコーチに就任することが明かされた。

 18年に16勝を挙げて最多勝を獲得した多和田真三郎には3日、戦力外が通告された。昨年12月に自律神経失調症を公表し、契約保留選手となっていたが、7月に支配下契約。二軍戦で1勝2敗、防御率3.65をマークしていたが・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング