週刊ベースボールONLINE

移籍最前線

2020-2021移籍最前線【日本ハム・オリックス】

 

シーズン閉幕を前に各球団の引退選手、さらには戦力外選手が次々発表されている。例年に比べ、短くなると思われるストーブリーグ。果たして、これからどう動いていくのか……。
※情報は11月9日正午時点

日本ハム・投打の主役がポスティング?


メジャー挑戦の動向が注目される有原


 先発、中継ぎで存在感を発揮した浦野博司は引退、ベテラン捕手の黒羽根利規は来季の構想から外れ、他球団で現役続行の道を探ることが決まった。積極的な若手起用で新陳代謝を図ってきたチームだけに、今後も結果が出ていない選手の戦力外が何人か出てくることが予想される。

 加えてシーズン中ということで正式表明はまだないが・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング