週刊ベースボールONLINE

惜別

惜別 去りゆく男たち2020

 

ペナントレース最終盤、今週もまた、多くの選手がファンたちの前で別れを告げ、また、ユニフォームを脱ぐ決意を固めた。

中日・吉見一起 黄金時代を支えたエース


やり尽くした思いもあってか笑顔が多かった/写真=高塩隆


 中日の黄金時代を支えたエースがプロ15年間の現役生活に別れを告げた。ナゴヤドームの今季最終戦となった11月6日のヤクルト戦がラスト登板。先頭打者の山崎晃大朗を三振に仕留めると、ナゴヤドームの観衆から大きな声援を浴びた。最後は138キロの外角低めのストレートと吉見一起らしい制球力だった。観客席には自主トレ仲間でもある千賀滉大石川柊太(ソフトバンク)の姿も見られた。

 ここ数年は思うようなボールが投げられず、成績も残せなかった。昨年は1勝どまり。今年も同じようならユニフォームを脱ぐ覚悟は決めていた。9月で36歳となる年齢も頭の中にあった。強い決意で臨んだシーズンで開幕先発ローテーション入りをつかんだが、長くは続かなかった。ファームでは12試合に登板し、チームで唯一、規定投球回数に達したが、・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング