週刊ベースボールONLINE

移籍最前線

2020-2021移籍最前線【ソフトバンク・ロッテ】

 

シーズン閉幕を前に各球団の引退選手、さらには戦力外選手が次々発表されている。例年に比べ、短くなると思われるストーブリーグ。果たして、これからどう動いていくのか……。
※情報は11月9日正午時点

ソフトバンク・チャンスを求め内川が退団


ファンの前で自らの思いを語った内川 (C)SoftBank HAWKS


 クライマックスシリーズを控える中で11月8日現在、戦力外が言い渡されたのは育成8選手。だが、チームを去るのはもう1人。3年ぶりのリーグ優勝の裏で、内川聖一が退団を決めた。球団からの正式発表は11月2日。その前日、タマスタ筑後で行われたウエスタン最終戦後のセレモニーでファンにあいさつした内川は、今日限りでソフトバンクのユニフォームを脱ぐこととともに、「今年1打席も一軍でチャンスをもらえなかったということが、自分の中では野球をやめる決心がつかなかった」と心の内を吐露した。

 開幕延期などで調整がうまくいかず、二軍スタートに。6・7月は二軍で.469の高打率を残すも、一軍から声は掛からない。気がつけば・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング