週刊ベースボールONLINE

LIONS SPIRIT

源田壮亮コラム「開幕戦は異様な雰囲気でした。9月下旬で初のお立ち台はちょっと遅かったですね」

 

9月26日の楽天戦(メットライフ)では7回に決勝2点適時三塁打。試合後、今季初めてお立ち台に[写真=川口洋邦]


不思議な感覚でプレー


 今季は残念ながら3位に終わり、クライマックスシリーズ進出は叶いませんでした。シーズン最終日は目の前の試合を全力で戦うことだけを考えていましたが、やはり悔しい気持ちでいっぱいですね。でも、本当にファンの方にはコロナ禍の中、球場や中継を通して熱い声援を送っていただき、ありがたかったです。特に終盤にかけてはファンの方の気持ちがそれまで以上に届いていたので、その期待に応えられず申し訳なかったです。

 さて、今季を振り返ると印象に残っている試合は、まず開幕戦でしょうか(6月19日、日本ハム戦=メットライフ)。オープン戦や練習試合でも無観客でプレーしていましたけど、開幕戦となるとやはり雰囲気が違っていました。ファンがいないのは同じなのですが、球場全体の空気がピリッと引き締まる感じがして。集中してプレーすることはできましたが、それまでに経験のない異様な雰囲気というか、すごく不思議な感覚でグラウンドに立っていたことを今でも覚えています。

 7月10日から有観客となりましたが、もちろんそれも印象深いです。昨年までのように大きな声援をもらうことはできなかったですが、拍手でずいぶん背中を押してもらいました。すごく気持ちが高ぶりましたね。

 友哉(森友哉)が涙を流した試合もありましたね(8月27日、日本ハム戦=メットライフ)。マスクをかぶった試合でなかなか勝てず、この日も途中から試合に出て逆転を許してしまって。でも最後、友哉と仲のいい山川(山川穂高)さんが逆転サヨナラ打を放って勝つことができました。試合が終わって、友哉がちょっと泣いていましたが、いろいろな感情が入り混じっているのは分かっていましたし、慰めるじゃないですけど、少し言葉は掛けましたよ。でも・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング