週刊ベースボールONLINE

よみがえる1980年代 1985年編

1985 ユニフォーム物語【パ・リーグ編】

 

目を閉じ、懐かしい、あのシーンを思い出す。歓喜や感動が、ユニフォームとともによみがえる。今回のシリーズでは年度ごとに12球団のユニフォームを紹介しよう。


 セ同様、パも大きな変化はない。西武は1979年創設期からのモデルと同じで、80年からはベルトレスからベルトに変わっている。当初は「パジャマのよう」とも言われたが、チームが強くなるにつれ、ユニフォームも強そうに見えるようになったから不思議だ。山崎裕之がなぜか最後までベルトレスにこだわったのは有名だ。ロッテもまた73年からの不変モデル。83年から帽子のマークだけマイナーチェンジしている。近鉄も74年から変わらないが、77年から肩のマークが変わり、78年からはベルトレスからベルト式、さらに後期からホームの帽子に・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

HOT TOPICS

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング